研究科長のあいさつ アドミッション・ポリシー 目的 特色 アクセス

    入学者受入方針(アドミッション・ポリシー)
 
 



大学院医歯学総合研究科 口腔生命福祉学専攻(博士前期課程)

【教育理念・目標】


理念

 口腔を中心とした生命医療科学を基盤とし,保健医療福祉制度を含む実践的な社会福祉学領域との統合的・学際的研究を推進するとともに,これらの分野における高度かつ統合的な学識と技術力を持つ高度専門職業人を養成することを理念とします。


目標

1.食べることを中心とした口腔機能の維持向上を基点に,関係者の有機的な連携を図りつつ,総合的な口腔保健・医療福祉サービスの提供およびその質の向上に貢献できる実践的高度専門職業人を育成します。
2.食べる機能(摂食嚥下機能)を中心とした口腔生命医療科学と実践的な社会福祉学領域との統合的・学際的研究を推進できる教育・研究者として求められる基本的資質を身につけた人材を育成します。


【教育内容・特色】

教育内容

 共通基礎必修科目として,口腔を中心とした生命医療科学と保健医療福祉関係制度を含む医療福祉援助に関する包括的な知識・技術および学際的な研究を進めるに当たって必要となる研究手法,文献収集法,英文読解などの基本的事項を学修します。加えて,より専門的・個別的な内容の口腔保健推進学系と医療福祉援助学系の2つの領域の専門選択科目群のなかから,選択した研究テーマや終了後の進路に応じて段階的かつ効果的に必要な知識・技術を習得していきます。


特色

1.口腔生命科学領域と社会福祉学領域にわたる学際的な教育・研究を推進
2.両領域の専門科目のなかから,研究テーマや進路に応じた多様な科目選択が可能
3.学際的な教育・研究指導を可能とするため,複数指導教員体制を採用
4.社会人大学院生に配慮した遠隔教育や休日・夜間の集中講義を実施


【求める学生像】

1.口腔保健・医療福祉分野の専門家として求められる基本的な知識とコミュニケーション能力などの資質を備えた人
2.口腔保健・医療福祉分野への深い関心と高い目的意識を持ち合わせた人
3.口腔保健・医療福祉領域の教育研究者あるいは専門職業人として,地域・国際社会へ貢献することに強い意欲を持っている人



【入学者選抜の基本方針】

口腔を中心とした生命医療科学と実践的な社会福祉学領域に対する高い目的意識と基本的な知識・技術を持ち,研究に必要な語学力を有する人を選抜します。








 
 | Top | About MDS | Education System | Research | New,Event |