研究科長のあいさつ アドミッション・ポリシー 目的 特色 アクセス

    入学者受入方針(アドミッション・ポリシー)
 
 




大学院医歯学総合研究科 口腔生命科学専攻

【教育理念・目標】

理念

生命科学や技術の著しい進歩,少子・高齢社会,歯科疾病構造の変化,多様化する社会的ニーズに対応するため,先端的口腔生命科学についての教育・研究に重点を置くとともに,その成果を歯科医療の進展に生かす探索型研究を推進し,地域社会と世界の歯科医療に貢献することを理念とします。


目標

1.口腔科学に関する教育・研究に取り組み,自ら研究課題を開拓し,独創的な研究を遂行する能力のある研究者を育成します。
2.科学的基盤をもち超高齢社会で指導者となる高度医療専門職業人を育成します。
3.社会人入学制度を活用した現場ニーズに立脚したリカレント教育を行います。



【教育内容・特色】

教育内容

共通科目として外国人教員によるアカデミック・ライティング,リーディング,研究計画立案に不可欠な実践統計学ベーシックコースを開講するとともに,コースワーク科目にて専門基礎的知識,技能を習得します。講義・演習のカリキュラム編成の基本は基礎・臨床融合型,学際的教育内容としています。


特色

1.学際的かつ先進的な教育・研究の推進
2.多様な歯科医療課題への柔軟な対応
3.戦略的プロジェクト研究制度の導入
4.生涯教育の充実
5.TA・RA制度を活用した学生支援



【求める学生像】

1.歯学分野における指導的な研究者あるいは高度専門職業人として,社会に貢献できる人
2.自ら研究課題を開拓し,独創的な研究を遂行したい人
3.探索型研究による成果をもとに地域及び世界の歯科医療に貢献できる人



【入学者選抜の基本方針】

論理的な思考力,専門基礎学力をもち,志望する教育研究分野の専門科目に対する高い理解度を持ち,研究に必要な語学力を有する人を選抜します。





大学院医歯学総合研究科 口腔生命福祉学専攻(博士後期課程)

【教育理念・目標】

理念

 障害者,要介護者を含む全ての人々の摂食・口腔機能の維持向上および安心安全な食介護の推進に資することを目的に,口腔生命科学を基盤としつつ,社会福祉学領域等との学際的研究を自ら推進できる指導的教育研究者を養成するとともに,当該分野における研究成果を地域および国際社会で実践・展開できる高度専門職業人を養成することにより,地域社会および国際社会における健康水準と生活の質の向上に寄与することを理念とします。


目標

1.口腔を中心とした生命医療科学を基盤としながら,保健・医療と社会福祉学領域等との学際的研究を推進できる指導的教育研究者を育成します。
2.摂食・口腔機能の育成および維持向上,安心・安全な食介護の推進に関し,地域・国際社会において指導的役割を果たせる高度専門職業人を育成します。



【教育内容・特色】

教育内容

 必修科目として,口腔保健医療福祉分野における学際的研究を実践していくための基盤となる当該分野における現状と課題,倫理,主要なテーマにおける研究動向,英論文読解,統計手法などについてコースワークを中心に学修します。加えて,専門展開科目として,従来の学問分野の枠にとらわれない横断的・統合的な視点で構成された口腔保健管理,摂食嚥下機能評価支援,口腔保健福祉援助,地域口腔保健福祉などの科目を履修します。


特色

1.口腔生命科学領域と社会福祉学領域にわたる学際的な教育・研究を推進
2.従来の学問分野の枠にとらわれない横断的・統合的な科目設定
3.学際的な教育・研究指導を可能とするため,複数指導教員体制を採用
4.社会人大学院生に配慮した遠隔教育や休日・夜間の集中講義を実施



【求める学生像】

1.口腔保健・医療福祉分野に従事する専門家として求められる基本的な知識とコミュニケーション能力などの資質を備え,かつ,専門科目の履修に必要な基礎学力を有する人
2.生命科学一般および保健医療福祉に関する幅広い視野と基本的理解を有する人
3.口腔保健・医療福祉領域の教育研究者あるいは専門職業人として,地域・国際社会へ貢献することに高い目的意識を持ち,自律的に努力できる人



【入学者選抜の基本方針】

修学および研究の遂行に必要な一般教養,コミュニケーション能力,語学力および口腔生命科学や保健・医療・福祉に関する基本的理解を有し,本専攻が目指す学際的研究の自立的な遂行と新たな学問体系の確立,あるいは地域・国際社会におけるに先駆的な実践に高い目的意識を持つ人を選抜します。




 
 | Top | About MDS | Education System | Research | New,Event |