トピックス セミナーのお知らせ 学会情報 新潟医学会 新潟歯学会
 



心不全の遺伝子発現解析と遺伝子治療

塙 晴雄 器官制御医学講座 循環器学分野
hanawa@med.niigata-u.ac.jp

 近年のゲノム解析の進歩は、循環器疾患の研究においても、多大な恩恵を与えている。どのような遺伝子が、心臓局所で発現しているのかを解析することで、心疾患の発症機序がさらに明らかになると期待される。また治療においても、遺伝子治療は、多様性、簡便性などから、多くの可能性を秘めている。
 現在我々は、動物モデルを用いた遺伝子発現解析と遺伝子治療実験を検討している。更に検討を重ねて、良好な結果がえられれば、将来はヒトの心疾患でも検討したいと考えている。

 @遺伝子発現解析
心筋炎、拡張型心筋症モデル動物の作成→
心臓の摘出→各細胞の分離
→各細胞の遺伝子発現解析(リアルタイムRT-PCR等)

 A遺伝子治療


過去の記事


 
 | Top | About MDS | Education System | Research | New,Event |