トピックス セミナーのお知らせ 学会情報 新潟医学会 新潟歯学会
 



末梢動脈疾患に対する骨髄細胞移植治療

加藤公則 器官制御医学講座 循環器学分野
kkato@med.niigata-u.ac.jp

 最近、注目されております再生医療についてお話したいと思います。実は、この再生医療は遠い未来の話ではなく、すでに私どもの病院において血管再生治療として実践されております。

1.血管再生とは
 怪我をすると出血するわけですが、それはそこの血管が破壊されたことによります。しかし、傷口はそのうち新生した皮膚で覆われ、血管も再生されて、その組織の血流を保ちます。従来、この血管の再生は元々その場所にある血管が伸びて成長していくものとされてきました。ところが、最近骨髄由来の血管内皮の種とも言える血管内皮前駆細胞と呼ばれる細胞が全身を循環しており、創傷治癒時の血管再生にも関わっていることが明らかになってきました。例えば、白血病で他人の骨髄細胞の移植を受けた患者さんの血管をみると、その他人由来の血管内皮も混ざっている事も知られております。そして、この現象を治療に応用したのが骨髄細胞移植治療です。

2.末梢動脈疾患とは
 この範疇に入る病気としては、動脈硬化性閉塞症とバージャー病の2つがあります。

@ 動脈硬化性閉塞症とは
 これは、動脈硬化によって引き起こされる病気です。生活習慣の欧米化に伴い、この疾患も増加の一途です。糖尿病患者に高率に合併しておこります。また、動脈硬化は全身の病気ですので、足にこのような動脈硬化性病変がある人は、心臓や頭の血管にも狭窄があり、狭心症、心筋梗塞、脳梗塞と言った生命に関わるような合併症をもっている人がほとんどです。症状は、最初はしびれや冷感程度ですが、進行すると間欠性跛行(ある一定の距離を歩くと必ず足に痛みを感じ、休むと治まる)となります。そして、重症下肢虚血となりますと安静時の下肢痛や潰瘍が出現し、治療が効を奏さないと下肢切断術を施行される率が高いという病気です。

A バージャー病とは
 この病気の原因はまだよくわかっていませんが、タバコを吸っている比較的若い人に発症する疾患と言われております。症状は動脈硬化性閉塞症とほぼ同じです。禁煙をするとかなり症状が治まるとも言われておりますが、私たちも患者さんにアンケート調査をして調べておりますが、潰瘍まで作るような重症なバージャー病の方は禁煙しても、また今ある内科的治療をしても潰瘍の改善は認められなく、下肢切断術に至っているケースが多いと感じております。 近年、患者は減少傾向にありますが、難治性疾患の一つに指定されており、患者の治療に関しては国費を投じて行っているのが現状です。

3.骨髄細胞移植治療とは
 安静時疼痛や潰瘍がある重症下肢虚血状態の患者さんに対しては、血管バイパス術など、場合によって劇的に症状を改善できる方法もありますが、血管が細くて、バイパス術が出来なければ下肢切断に至る場合もあります。こういった現在の治療の効果が期待できない患者に対して、骨髄細胞を腰の骨から約1Lと採取し、そこから血管内皮前駆細胞が含まれている細胞群を分離して、最終的には50 mLにまで濃縮します。そして、それを足に筋注する(右図)と潰瘍が良くなったり、痛みが取れる人が、約90%の方に認められております。私たち、第一内科でも約半年間に6例の患者に治療を行いましたが、痛みの改善など治療効果を得ております。 以上より、上記疾患でお悩みの方は当講座へご相談ください。




過去の記事
 
 | Top | About MDS | Education System | Research | New,Event |